NOW vol 01
4/4

荷台加工中古車販売エネルギーと住まいの工作機械提案販売■車種:ダイハツ ムーヴ カスタムRS■年式:平成28年1月 ■色:パール■走行距離:44,300㎞ ■評価点:4.5点 内装B 近年、軽トラックからトラックに至るまで、荷台の加工依頼が少しずつ増えている。当社の営業用トラックは、荷台のすべてをステンレス加工することで、サビにくく、重量物を積載しても荷台が損傷しない強度を保つことができる。営業や配送時、当社のトラックがお客様の目に留まり、PRする材料となっている。その結果、ディーラー様や土木建築業者様、個人のお客様からの受注につながっている。 荷台の加工工程は、採寸取りした2㎜ほどのステンレス板をプレス機で曲げ加工し、ビス止め用の穴を開ける。その後、荷台内側にリベットで取り付けを行う。車種にもよるが、3日から4日ほどで完成し、引渡しとなる。   自動車オークションでの中古車販売について紹介する。右表がオークション会場から発行される出品表である。オークションで中古車を選定する際、最も重要な基準となるのが評価点だ。状態が良い順に6点・5点・4.5点・4点・3.5点・3点と点数が付き、事故車両は「R」という表示となり、点数が付かない。オークション市場では4.5点以上の点数がついている車両が優良車両との位置付けとなる。 2020年6月初旬「車検の速太郎四日市店」をご利用のY様から、8月に車検満期を迎える自家用車を買い換えたいとのご依頼をいただいた。現在、Y様はトヨタ・パッソを所有されているが、次はダイハツの軽自動車を所望。色は白かシルバー、走行距離は5万Kmまでで、総額100万円程度のクルマを探しているとのことだった。 そこで早速、全国のオークション会場で出品される車両を検索し、ご紹介させていただいた。6月19日のオークションで無事落札でき、陸送されてきた現車をご確認いただいたところ、非常に状態の良いクルマで大変ご満足をしていただき、付属品のドライブレコーダー、希望ナンバーを取り付けて、7月22日に納車の運びとなった。 現在、オートライフ部では中古車の販売だけでなく、新車の販売にも力を入れており、ほぼすべての国産自動車メーカーの車種を取り扱っている。今後もより一層の利便性を追求し、地域のお客様からの圧倒的な支持を得ることができるように努力していく。朝日ガスの“いま”を紹介新宮営業所     クマノ酸素 眞柄和史〒512■0913 三重県四日市市西坂部町4789■2 TEL.059■332■2311URL https://www.asahigas.co.jp/ E-mail info@asahigas.co.jp産業ガステクノロジー部 第2課 前山敬吾 産業ガステクノロジー部では現在、産業エネルギー・LNG・LPG・エアーガス・石油の供給販売と共に、工作機械・工具の販売に力を入れている。私も日頃から産業ガスの新規顧客開拓とルート営業において溶材、工具、砥石、刃物、産業機材を販売している。個人的に思い出深いのが、製缶業のお客様向けに溶接用工作機械を導入した案件だ。本案件は、製缶業の心臓部である工作機械の更新で、現行機械は導入より20年以上も経過していた。稼働率も高く、壊れてしまうと完全に生産がストップしてしまうとのことで、更新提案を開始した。 商談を進めていく中で、お客様とともに何度も大阪の機械メーカーに足を運び、鏡板円周溶接装置の入念な打ち合わせを行った。思い返してみると、提案から導入まで約3年の月日を費やしており、改めて工作機械の販売の難しさを痛感した。しかし、成約に至った日の喜びは今でも鮮明に憶えている。導入後は、お客様から作業効率が上がり、大変満足しているとの声をいただき安心した。部署の目標として取り組んできた工作機械の販売成果を出せたこと。この経験が私の自信となり、現在の営業活動の糧となっている。徐々に受注が増えているトラックの荷台加工オークションによる中古車販売地域のSSからカーケアすべてに取り組むオートライフ部 車検の速太郎四日市店 川端直樹思い出に残る工作機械の提案販売それが自信となり、仕事の糧となっている

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る